引きこもりの・ニート・不登校の相談・自立支援は【粋塾】

全国から入校受付中!
0120-02-0640
ギャラリー
スタッフブログ
BLOGブログ

2018.11.23 | 塾頭ブログ

自分に素直に。

おはようございます。

引きこもり ニート 不登校 家庭内暴力
全寮制 自立支援施設
いきかたみなおすところ ~粋塾(イキジュク)~

本日も、久しぶりの塾頭ブログからです。

——————————————

人と話をするときに
何を中心にしていますか?

僕は自分です。 

相手の言いたいことや、感じていることに中心をおきたいと思いながらも

実際は自分なんだと 最近感じてます。

それは 僕は 話の中で
相手がどうしたいか 
ということを感じるときに 
相手がそれを口にする前に
自分が手助けをしようとします。

結果的に僕の描く結果になれば

それが相手にとってよいことだろうと

そう思って そんな行動をとります。

でも 本当の意味では それは
間違いかな?と 感じています

なぜなら 僕が 第一に自分自身の
パラダイムで 物事を捉えているからです

僕の好きな本のフレーズでいうなら

『シカゴの地図を持って ロスに行こうとするようなもの』

というような感じです。

第二に 自分の存在価値を
相手が困っているときに 高めようという
自分本位の欲望に近いものがあるからです

僕は 『俺だったら』という 言い方をよくします

しかも 聞かれてもないのに。

最近 会社の名刺を デザイナーの女性に

作ってもらいました。

その人と話をすると 妙に落ち着きます。

その人は 20何歳から 何年間か
アメリカに行っていたそうです。

そこで 

自分自身が言葉についていけないので
まずは 相手の言っていることを理解するために 必死に聞いた と

言っていました。

そこで 聞く ということを 学んだといっていました。

たぶんレベルで言えば 聴く レベルだと思います。

なぜかは 話し手が 話しやすいから

しかも 絶対といっていいほど 話し手
話し終わるまで 口を挟みません 

それに
その後には まず 肯定から入り

最後に 提案なり アドバイスをくれる

そして 話した僕は なんか すっきりする

僕は 嫁さんと話しているときも

よく こういう感情になります

僕は 誰かに 嫁さんのどこがいいの?

と聴かれたら 迷わず 

『俺の事をわかっているところ』と答えます。

こういった感情を 短時間で相手に与えること

これが 最高の会話なのかなと

今 書いていて ふと思いました。

これは ちょっとした気付きかもしれん

今から 意識してみようと思います。

話は戻りますが 僕は 相手に認められたい

と思うがあまり 求められているラインを

よく越えてしまいます。

ゲームのドエクエで レベルが上がると

呪文を覚えるように 僕も 相手に話した感を

与えれるように 見守るという特技や

肯定して更なる 提案やアドバイスという呪文を

覚えて 身につけたいと思います。

タイトルは自分に素直にと書きました。

ブログを書く人には それぞれ 順番があると

思いますが 僕は タイトルを決めてから

書き出します。

だから 内容がそれることが よくあると思いますが

今書いたことが 今の自分に

素直な気持ちです

▼2010/03/28 塾頭 氷室優より▼

==============================

まずは相談からでもかまいません。
困ってる方がいたら教えてあげて下さい。

生き方見直すところ 〜 粋塾 (イキジュク) 〜

(引きこもり ニート 不登校 家庭内暴力 全寮制 自立支援施設)

●粋塾 愛知本部 HP
http://shinjiru-yuki.com/

●粋塾 代表 氷室優ブログ
https://ameblo.jp/youbuzz
親子関係の問題を解決したい方、人間力を高めたい方は必見!

●粋塾のFacebookページ
https://www.facebook.com/shinjiruyuki.ikijuku/

●お問い合わせ
0120-02-0640

CATEGORY/ カテゴリー

ARCHIVES/ アーカイブ

全国各校

LINK

ご相談は何回でも無料。ご相談だけでも大丈夫です。