BLOGブログ

2018.9.25 | ブログ

講義の最後には手紙‥‥‥‥‥‥

 

ひきこもり ニート 不登校

自立支援施設

粋塾!愛知本部の角谷です。

おはようございます。

今日はですね。

この間の23日の日曜日。

勉強会最終日。

いつものように名古屋駅にアッコ先生を朝迎えにいき

いつもの場所で車で待っていると、和服を着た大人の女性が歩いていた。

するとその女性はアッコ先生でした。

車を走らせ僕から質問をしてみました。

アッコさんなんで今日は和服姿なの?

「愛知校が独立した記念すべき日にちなんで和服を着てきた。」

「お祝い、かなぁ。。。」

さすがだなってこの後の講義の時に感じたのです。

それはお祝いで着てきた和服のことを一切何も言わない。

さりげなく。

そうさりげなくです。

もっと驚きはこのブログを読んでくれている研修生の保護者の方はもうわかっている

かと思いますが、講義の終盤ではひとりひとりが親への謝罪。

そして感謝の気持ち。

手紙に書いていました。

しかもみんなの前で読み上あげていく、言葉が詰まり涙をこらえながら読んでいく

姿を目にしたときスタッフの皆も泣いていました。

こんなにも人は変わっていく。

この環境もある。

なによりも本人が自身が変わろうと慣れない生活の中で

日々努力をしているからだと思います。

以前にもこの話はしましたが、成長の速度は人それぞれ。

時には停止することもある。

それでも本人たちは諦めず、逃げずに頑張っています。

当然私たちスタッフも諦めないこと、信じること、互いの信頼関係を

築いていくことをしています。

それでは今日はこの辺で‥

読んでくれてありがとうございました。

自立支援施設

粋塾!愛知本部 角谷。

  • '); ?>

CATEGORY/ カテゴリー

ARCHIVES/ アーカイブ

全国各校

LINK

ご相談は何回でも無料。ご相談だけでも大丈夫です。