BLOGブログ

2018.10.12 | 日常ブログ

旧約聖書

 

引きこもり ニート 不登校

自立支援施設

粋塾 愛知本部 角谷です。

こんにちは。

今日は熊本から来た高明が研修生全員と初めて一緒に外食に出かけた時の様子。

以前もお話ししたと思いますが先月の28日に粋塾にきて今日で二週間が過ぎました。

いつも難しい本を持ち歩きみんなの前で読んでくれるんです。

この話を友人のカウンセラーの先生に話をしてみたところ

この先生は学生時代にカトリックの学校に通っていたと言う。

だからこういった分野にはとても詳しいという。

聖書には二つの物語があり、それが一般で知られている聖書。

これはたぶん旧約聖書というもののことを言っているのだと言う。

それとは別に新約聖書と言ってもう一つの聖書と説明した方がわかりやすく覚えやすいそうです。

この時点で僕に理解をさせるにはその本が必要と言うことになり次回の時に説明いたしましょう。

 

 

もやもやの気持ちのまま僕は帰っていき高明を目の前にして言いました。

角谷「高明、聖書には旧約聖書と新約聖書があるんだよな?」

高明「‥‥‥‥‥‥」

角谷「知ってた?俺知らんかったわ。お前のお陰でまた一つ勉強になったわ。ありがとな」

高明「‥いかなる場合であっても牛を殺めたり食べてはならない‥」

聖書を読んでくれました。

 

 

 

思い出します。

高明と初対面の時、僕が喋っても返事はありませんでしたが、時より見せる

笑顔がありました。

始まりはこの笑顔。

今は少しづつ喋るようになってきた。

うちの研修生はあまり言葉を発しない高明に普通に話しかけています。

返事はなくても普通に話しかけることをしています。

例えばご飯食べにいくよ。

と言えば支度をしてみんなと一緒についてきて、ちゃんと輪の中に入って普通にしている。

ちょっと無口なだけで優しい人です。

環境で変わる部分もあり本人の努力だと僕は思います。

個人差は当然あります。

変わらないことを諦めることを選択するよりも諦めないこと、信じることを選択します。

ひとりの人生を変えることはそんな簡単ではないですね。

でも諦めないことですね。

 

自立支援施設

粋塾 愛知本部 角谷。

  • '); ?>

CATEGORY/ カテゴリー

ARCHIVES/ アーカイブ

全国各校

LINK

ご相談は何回でも無料。ご相談だけでも大丈夫です。