BLOGブログ

2021.2.17 | 新潟校

リラックスリラックス

こんばんは。

ひきこもり・ニート・不登校・家庭内暴力自立支援施設 粋塾新潟校の渡辺です。

最近、寮でヒーリングミュージックを流しています。

His name is “ISUPON”.

昔、一緒に音楽やらせてもらったり(ある飲食店のテレビCMのテーマソングを作ったりしました)、ギター教えて頂いたり、中でもいすぽんのピアノが大好きで、よく弾いてもらいました。

スピリチュアルな話になってきますが、いすぽんは霊感が強く、ピアノで結界を張れるんです。

そんないすぽんのピアノは心にすーっと染み込んできます。

444Hzで奏でられるピアノはまさに癒しです。

最近、研修生たちが胸の内を話してくれます。

僕は嫌われるのが普通なんです

胸のあたりがぎゅーっとなります。

でも、吐き出せたことに本当によかったと思います。

音楽がみんなの心を癒すのを手伝ってくれているのかもしれません。

中学生の頃、初めてエリッククラプトンのTears in heavenを聴いて涙が出た時を思い出しました。

クラプトンを皮切りに中学・高校は洋楽にどっぷり、高校の時はブルースを聴いてました。

バスケもしてたのでNBAも大好きで、建築士の父親がアメリカンデザインが好きで、そんなのもあってアメリカに恋焦がれ、18の時に短期留学をしました。

総まとめの時、自分の好きなものを英語でプレゼンするってなりました。

僕は迷わずクラプトンですよ!

クラプトンから僕のアメリカは始まったんですから!

クラプトンのこの曲が好きで、この曲は弾き方がめっちゃかっこよくて!

なんちゃら、なんちゃらとテンションあがってプレゼン終了。

担任の先生が笑いながらめっちゃ拍手してくれて、何を言うかと思ったら

とってもいいプレゼンだったわ、だいすき(Daisukeはnikeといっしょで最後がkeなので、アメリカに行くとみんなに大好きと呼ばれます)。

ただね、クラプトンはイギリス人よ!?

えっ………………

えーーーーーーーー!?

懐かしい思い出です。

最初からクラプトンがイギリス人だと知っていたら、イギリスに留学していたかもしれません。

それだけ音楽は響くものだと思っています。

研修生たちの心が癒され、ありったけの愛で満ちていくように、研修生たちが持っているステキな部分をいっぱいいっぱい見つけていきたいです。

生きてるだけで幸せだと思ってもらいたい!

【公式LINE】

CATEGORY/ カテゴリー

ARCHIVES/ アーカイブ

全国各校

LINK

ご相談は何回でも無料。ご相談だけでも大丈夫です。

LINEで相談