BLOGブログ

2021.2.24 | 日常ブログ 新潟校

ひきこもり、精神的な自立へ@新潟校

自ら動くために大切なのは、
現実感と心地良さを覚えて、
肯定的なイメージをもつこと。

 

 

 

 

 

こんばんは、ひきこもり
不登校・ニート・家庭内暴力
自立支援施設 粋塾新潟校のライスです。

 

 

 

今日は、寮のもう1人と一緒に、
子供食堂にボランティアいってきました。

 

 

 

無償の善意に多く触れられる、
貢献する喜びを感じやすい、
必然的にステキな人達と出会える、
世の中捨てたもんじゃないと分かる。

 

 

 

ボランティアの対価として、
このようなものを得られたと思います。

 

 

 

ボランティアはする側も、受け取る側も、
WIN-WINに感じやすい仕組みが
できてることが多いので
すごいステキだと思います。

 

 

 

なんか、仕事・働くっていうと、
ストレスや我慢、苦痛という代償を払い、
お金・生きる糧という対価を貰う
そういう風に考えがちです。

 

 

 

ボランティアでは、
そういったお金という対価以上に、
素晴らしいものを貰えたように感じます。

 

 

 

どちらかというと、
ひきこもり・不登校・ニート等といった、

 

 

 

働く・学校行く・生きる意味がわからない。
人生に希望を持てない。
何をしたらいいのか分からない。

 

 

 

たのしいことが何もない。
自分には良いところが何もない。
なにかやると怒られそうで怖い。

 

 

 

とりわけ、そういう思考が強く、
悩みやすい私のようなタイプは、

 

 

 

バイトとか、就労訓練、仕事よりも、
ボランティア経験をオススメですね。

 

 

 

その方が後々の人生にとって、
好ましい影響があるように思います。

 

 

 

自分はどういうことに喜びを感じるのか?
何を大切だと感じて、
どうしていったらいいのか?

 

 

 

そういったことは、
いろんな人との関わりや経験の中で
初めて見えてくることが多いです。

 

 

 

特に肯定的な部分に気づくには、
ステキな人達と関われることが
とても重要になります。

 

 

 

そのためには、勇気を出し、
想いを伝え、意思を示すことで、
スタートラインへと行くことができます。

 

 

 

自分には、お金・忍耐・苦労する以外に、
なにを差し出すことができるだろうか?
喜びつつ提供できるものはなんだろうか?

 

 

 

自分は、お金以外の対価として、
なにを求めているのだろうか?
何を得られたら嬉しいだろうか?

 

 

 

経験を通して、
自分の価値基準を明確に自覚し、

 

 

 

自分も喜びを感じながら、
周りと分かち合える道を
歩んでいけたらなって思います。

 

 

 

なかなか、経験してないことを
イメージするのというのは困難なので、

 

 

 

意味がなさそうに見えても、
嫌そうに思えることでも、
抵抗を感じるようなことでも、

 

 

 

積極的に行動して、経験を積んで、
人生の喜びを見つけて、
身につけていきたいと思います。

 

 

 

今日も最後まで読んでくださり
ありがとうございました。

 

 

 

LINE@の無料相談を始めました。
なんでもお気軽にご相談ください。

 

 

#引きこもり #不登校 #ニート #ADHD #自閉症 #発達障害 #家庭内暴力 #自立支援 #情報

 

 

 

引きこもり・ニート・不登校・家庭内暴力 自立支援施設(全寮制)

生き方見直すところ 【粋塾 新潟校】

≪ご相談は何回でも無料です!≫

■まずはお電話で無料相談 粋塾新潟校 直通

0120-179-109

■メールでのご相談の方はこちらへ

ikijuku.niigata@gmail.com

■粋塾 新潟校 ホームページ

http://shinjiru-yuki.com/niigata/

■第2回粋塾新潟校卒業式動画

https://youtu.be/4TOBtiRpyug

0:06卒業生入場

0:08在校生謝辞

0:12粋塾スタッフ謝辞

0:33ご両親からの手紙

0:42卒業生挨拶

0:45粋塾名物20Steps

■第1回粋塾新潟校卒業式動画

https://youtu.be/nIVlvIbztJw

■粋塾 愛知本部ホームページ

http://shinjiru-yuki.com/

 

 

 

CATEGORY/ カテゴリー

ARCHIVES/ アーカイブ

全国各校

LINK

ご相談は何回でも無料。ご相談だけでも大丈夫です。

LINEで相談
LINEで相談