BLOGブログ

2022.2.10 | 熊本校

塾長と塾生2人での北海道旅行

こんにちは!

粋塾 熊本校塾長のぶーです。
ひきこもり・ニート・不登校・家庭内暴力自立支援施設 粋塾には幅広い年代の子たちがいます。 

今日は熊本校で預かっている豊について書きたいと思います。

昨年年末に豊は熊本校へやってきました。

熊本校では毎日塾生と一緒にウォーキングをしています。

僕は豊もそのウォーキングに誘い毎日歩く様になりました。

皆んな一緒に並んであるくのですが
いつも豊だけは、皆んなから50メートル離れて歩いてました。

前を歩かせたら50メートル前を歩き
後ろに行かせたら50メートル後ろを歩くんです。

僕は訳を知りたくて豊に

何で皆んなから離れるんだ?

ってきいてみました。

豊は

その方が落ち着くんです。

と答えてきました。

その後、豊と話していると

人が怖いと話してくれました。

豊の過去を探ってみると

高校生の頃からずっと友達も出来ず

人に仲良くしていこうとすると

皆んなが離れていくという辛い過去の話しを

してくれました。

表情も暗く

人と話す時は緊張からか

カラスみたいな裏声になってしまい

目は瞬きばっかりしている状況でした。

僕はどうやったら豊が人を怖がらなくなるのか

考えました。

また豊にも僕にどうして欲しいか

何度も聞きました。

豊は僕に束縛して欲しい。

と言ってきました。

その言葉を聞いて

やっと気づけました。

豊の表現は束縛という言葉でしたが

僕には僕と常に一緒に居たい。

一緒に居て大切にされたい。

豊だけをもっと構って欲しい。

豊だけをもっと愛して欲しい。

そう感じたので

豊に今一番やりたい事は何?

と聞いてみました。

豊は僕と2人で北海道旅行がしたい

と言ってきました。

僕はその場で北海道への航空チケットを

予約して数日後2人で北海道へ旅行へ行きました。

その時の写真です。

見てください。

2泊3日

豊が食べたいと言ったものを食べに行き

行きたいという場所を周りました。

またその中で僕は僕なりの

精一杯の愛情を豊に注ぎました。

旅行に行く前は、まだ仕事が出来る状況ではなく

集団生活から1人孤立していた豊でしたが

旅行から帰ってきた次の日から

なななな

なんと!

毎日働けてるんです!!!

人が沢山いる青果市場で

うちの専務、順貴が競り落とした野菜や果物の

数を数え帳簿につけていったり

伝票を書いたりと役割を果たせるように

頑張れているんです。

豊は確かに人間を怖がっていました。

人と付き合っても

苦しみしか無いと思っていたはずです。

だから一人で居たら楽を感じたんでしょう。

しかし心の何処かで

寂しさを感じていたのかもしれません。

しかし豊は勇気を出して

人と接することを選択できました。

なかなか出せそうで出せない

勇気

過去がトラウマになり

出せなくなる

勇気

一歩踏み出す

勇気

僕も今後の人生で

怖い時

逃げ出したい時

あると思います。

しかし塾生皆んなの為にも

必ず逃げずに

勇気

を出して

生きて生きたい

と思いました。

豊!

俺に出逢ってくれて

ありがとう!

皆さん長文最後まで読んでくださり
ありがとうございました。

粋塾ホームページです

https://shinjiru-yuki.com/

悩みがある方は

どうぞ登録してください

LINE @の無料相談です

この公式LINEはお子さんや親戚 知人に関する相談窓口となります

https://lin.ee/4SJgiIh

これからの事など 多岐にわたる相談を受け付けてきたスタッフに話す事で少しでも心を軽くしましょう!

そして

こちらの公式LINE窓口は

ご自身の相談用の窓口となります。

https://lin.ee/sEVG5i7

引きこもり ニート 不登校

家庭内暴力や問題児の

自立支援 粋塾

フリーダイヤル

0120-02-0640

#ひきこもり #ニート #不登校 #家庭内暴力 #自立支援 #粋塾 #4070問題 #5080問題 #発達障害 #心療内科 #家庭内暴力 #カウンセリング #うつ病 #通信制 #フリースクール #高校生 #学生 #ネグレクト #若者サポート #ゲーム依存 #相談

#自立支援センター#引きこもり支援#家庭問題#親子問題#親子の悩み#一人で悩まないで、相談してください#自分の子供だからって思い通りになるとは限らない#親や大人が正しいとは限らない#すべて自分で決めれること

CATEGORY/ カテゴリー

ARCHIVES/ アーカイブ

全国各校

LINK

ご相談は何回でも無料。ご相談だけでも大丈夫です。

LINEで相談
LINEで相談