BLOGブログ

2021.9.7 | 日常ブログ 新潟校

時給未満@新潟

こんばんは、
新潟の武井です。

 

 

 

今日は働くにあたって、
問題になりやすいことについて
書きたいと思います。

 

 

 

わたしはいま、大体毎朝寮にいる2名と
枝豆を処理する手伝いにいきます。

 

 

 

しかしながら、
朝になってみないと、
誰がいくかはわかりません。

 

 

 

すごく作業量が多いときに限って
2人共いけないと言い、
1人でいくこともザラにあります。

 

 

 

作業に行ったはいいものの、
ボーと座りこんでるだけだったり、
車で待機してるということも多くあります。

 

 

 

そんな感じなので、
安定して一定の成果を上げるというのは、
なかなかハードルが高いようです。

 

 

 

しかし、何の意味はないかと言われれば、
そうではありません。

 

 

 

一定の水準には満たないかもしれませんが、
無力ではなく、微力があります。

 

 

 

ただ、これが仕事だとすると話は変わります。
最低賃金、時給が払われるとなると、

 

 

 

それに見合う成果、
もしくはそれ以上の利益を安定的にあげる。
ということを求められるからです。

 

 

 

特に最低賃金が値上げされてる昨今、
本当は人手がほしいのだけれど、
一定の水準に満たない人ばかりで、
かえって負担になるから雇わずに頑張っている。

 

 

 

そういう経営者の方の声も
よくきかれます。

 

 

 

そして、時給未満の労働者からは、
どうせ基準に届くのは無理だから
初めから何もしたくない。
そういう主張がよくきかれます。

 

 

 

時給未満の労働者と経営者、
両者の利益の交わる仕組み、
ないしはWINーWINのマッチングや環境ができたら、
すごく面白いのになーと思う。

 

 

 

生きていくには、お金が必要です。
お金を得るには、仕事する必要があります。

 

 

 

そして、雇われてお金を稼ぐには、
一定の水準や安定感、信頼などが求められる。

 

 

 

ひきこもり・ニートという人達はいわば、
お金へと疎外され、
お金からも疎外されている。
そんなチュウブラリンの存在とも言えるかもしれません。

 

 

 

わたしはひきこもっていたころ、
親からさんざん働けと
口酸っぱく言われたものですが、

 

 

 

なぜ親はお金払ってもらえるだけの仕事を
わたしができないというのが分からないのか?

 

 

 

それがどうしても理解できなかったものです。

 

 

 

基本的にひきこもりの人は
超がつくほど真面目な人が多いです。

 

 

 

これは、期待された通り、
言われたとおりに
完璧にやろうとする。

 

 

こうならなければ意味がない。
正しくあらなければいけない。
と考える傾向が強いという意味での真面目です。

 

 

 

意外に思われるかもしれませんが
4割ぐらいのひきこもりは、なんだかんだで、
働き始めたら真面目にがんばります。

 

 

 

わたしもそうだったのですが、
やること自体がそれほど嫌なわけではなかったのです。

 

 

 

だって、やったことがないのだから、
やること自体が嫌なわけないですよね(笑)

 

 

 

ただ、やらなきゃイケナイ、
ちゃんと上手くやらなきゃイケナイ、
でもわたしには無理。批判される。
そう考えることが嫌だったわけです。

 

 

 

だって自分の能力不足に自覚があるわけですから、
やらなきゃイケナイと考えると、

 

 

失敗して傷つく未来、
過去傷ついてきた経験ばかりを
イメージしてしまいますからね。

 

 

 

実際にやったらイメージほど嫌ではなかった、
意外となんとかなったーってことが多くありました。

 

 

 

やっぱり上手くいかなかったけど、
それでダメで終わりじゃなくて、
次から改善していけばいいんだと
学んだりもしました。

 

 

 

やってみたら想像以上に嫌で、
これは今後やりたくないと思ったものもあります。

 

 

 

いずれにしても、
考えているだけでは、
動いてないいま以上に考えることはできなくて、

 

 

 

実際に動いてやってみることでしか、
新たに考えることはできないんだなって分かりました。

 

 

 

経験が増えていくごとに、
いろんな言葉の意味も理解できるようになり、
人の話も聞けるようになってくる。

 

 

 

そうなると認識できる世界観が広がって、
たのしいことも見えてくると
ようやく最近わかってきました。

 

 

 

はじめから時給に見合う仕事するのは、
ひきこもりにはよっぽどできません。
できる人ならひきこもり続けてないと思います。

 

 

 

しかし、無力ではありません。

 

 

 

はじめは無力に近い微力ですが、
さながら筋トレのように、
徐々に繰り返し行うことによって、
段々とできる範囲が広がっていきます。

 

 

 

はじめからできることは無いけど、
やってるうちにできるようになっていきます。

 

 

 

無力のところから、
いきなり重いバーベルを上げろと言われても、

 

 

 

怖いし、大体ケガするだけだし、
下手すると体の上に落ちて死ぬ可能性すらある。

 

 

 

それをいきなり求めるのは、
なかなか酷というもの。

 

 

 

一般的な基準で見てどうではなく、
その人の基準でいますべきことを積み上げて、
徐々にできるようになっていける社会になったら、
もっと働きやすいのになーって思います。

 

 

 

最低賃金よりも安く働きたいって人は
結構いると思うし。

 

 

 

今日も最後まで読んでくださり
ありがとうございました。

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

悩みがある方は
どうぞ登録してください

LINE @の無料相談です
お子さんやご自身の事や
これからの事など 多岐にわたる相談を受け付けてきたスタッフに話す事で少しでも心を軽くしましょう!

https://lin.ee/sEVG5i7

引きこもり ニート 不登校
家庭内暴力や問題児の
自立支援 粋塾

フリーダイヤル
0120-02-0640

こちらは粋塾のYouTubeチャンネルです。
登録やグッドボタンお願いします。

粋塾ch
https://youtube.com/channel/UCRlmJHtY23wFnGH_6DiqG4w

引きこもりニート不登校アウトロー自立支援粋塾
https://youtube.com/channel/UCB5IXcQRHD_WV2zqGclUGog

#ひきこもり #ニート #不登校 #家庭内暴力 #自立支援 #粋塾 #4070問題 #5080問題 #発達障害 #心療内科 #家庭内暴力 #カウンセリング #うつ病 #通信制 #フリースクール #高校生 #学生 #ネグレクト #若者サポート #ゲーム依存 #相談
#自立支援センター #引きこもり支援 #家庭問題 #親子問題 #親子の悩み #一人で悩まないで、相談してください #自分の子供だからって思い通りになるとは限らない #親や大人が正しいとは限らない #すべて自分で決めれること

CATEGORY/ カテゴリー

ARCHIVES/ アーカイブ

全国各校

LINK

ご相談は何回でも無料。ご相談だけでも大丈夫です。

LINEで相談